このサイトについて

街には本物のランチサンプルがあります。

ショーウィンドウの中に大事そうに飾られている偽物のアレではなく、道端に本物のごはんとおかずをラップして置いてあるアレです。
それ、よく見て下さい。ものすごく強いメッセージや、綻びや、自動化された行動を感じ取ることができます。

このサイトはそれを集めて簡単に分類し、展示していきます。

作成者:四万十川 篤彦(Web冷え汁
Twitter:coldsoup
メール:smntgwそしてgmail.com

「そして」をアレに変えてもらえれば届きます。

皆様も街角で気になる本物ランチサンプルを発見されましたら是非お知らせください。
また、Twitterなどにお気軽に感想をいただければ大変嬉しく思います。

 

 

鑑賞のポイントについて

本物ランチサンプルの鑑賞の方法は一切強制はいたしませんが、私が鑑賞している中で、いくつか「持っていると比較的おもしろい観点」を見つけています。それを以下にご紹介します。

・蒸れ
ラップをしていると、特に夏場は蒸れます。蒸れると中が見えなくなり、サンプルとしての意味をなしません。

・張り
堂々たるラップの張り、そして筋に店主の几帳面さを思います。

・渇き
炎天下に刺身を数時間放置することの意味を考えます。

・空白
「見せてこそ」のサンプルのはずが、展示された食器に何も入っていないという例が存在します。

以上、ご参考にしていただければ幸いです。